種類別で異なるいぼの除去法【適切な治療を受けましょう】

レディー

脂漏性角化症を治療する

水着姿のレディー

高齢者のほぼ全員が経験

女性の悩みとしてシミがよくあげられます。シミは、若い頃にはほとんど見られなかったのに30代以降になると急に目立ち出すとよく言われますが、それもそのはずで実はこれは皮膚の老化現象の一つなのです。このシミと非常によく似た形状でなおかつ同様に皮膚の老化現象としてあげられるのが、老人性いぼと呼ばれる脂漏性角化症です。脂漏性角化症とは、皮膚に褐色のいぼ状の盛り上がりができるもので、シミが膨らんで突起物になったようにみえることから、どうしてもシミと混同されがちですが、実は全く違う病気として扱われており、その治療法も異なります。脂漏性角化症の症状であるいぼは、紫外線を長期に渡って浴び続けることによってできやすくなると考えられ、そのため日光を浴びやすい顔や首、腕や手の甲等が特によくみられると言われているのです。なおこのいぼは、早い人は20代の頃からでき始めますが、多くは40代の頃からでき始めて徐々にその数が増え、70代から80代ではほぼ全員にみられることがわかっています。脂漏性角化症は皮膚の良性腫瘍であり、基本的に治療する必要はないとされています。しかし全身どこにでもできる可能性があり、それが顔などの目立つ箇所であれば多くの人が気になるのは当然といったことから、病院で積極的に治療が行われています。また、脂漏性角化症によるいぼは、時にはホクロや悪性黒色腫と似た形状になることがあり、どちらであるか素人目には判断しにくいケースも少なくないのです。こうした可能性もあることから、気になる場合は必ず医師の判断を仰ぐことが勧められます。

治療方法は複数ある

脂漏性角化症の治療は、一般の皮膚科による保険が適用される方法と美容皮膚科で行う保険適用外の方法に分けられます。保険適用される方法には、液体窒素による凍結治療と電気メスを使用した外科的な治療法です。凍結治療とは、非常に低温な液体窒素を患部に当て凍結させてかさぶたを作り、1週間ほど経ってかさぶたが取れるといぼも一緒に取れるというものです。電気メスによる治療とは、ホクロ切除にも使用される電気メスにより、いぼのある皮膚を削り取るといった外科的な治療方法です。これらの治療法は比較的手軽で簡単なことからよく行われていますが、ただしどうしても瘢痕が残りやすく、しかも一度の治療では終わりにくく何度も行う必要があるため、顔などの目立つ部分には不向きとされています。そこで顔などの目立つ部分は、美容皮膚科や美容外科等の整形技術によって治療することがおすすめです。美容皮膚科等で行われている脂漏性角化症の治療には、主にレーザーを使用します。レーザーを使用する治療方法は、皮膚を削る深さなどを調整しやすく繊細な治療が可能なことから、瘢痕が残りにくく、なおかつ一度の治療で完全に治すことができるとされています。美容的に優れていることもあって、このレーザーによる治療は保険適用外となりますが、治療効果の高さから多くの女性がこれを選択しています。

Copyright© 2016 種類別で異なるいぼの除去法【適切な治療を受けましょう】 All Rights Reserved.