種類別で異なるいぼの除去法【適切な治療を受けましょう】

レディー

効果的に除去し再発を防ぐ

カウンセリング

根から根絶するのが有効

いぼは、たくさんの種類があり大きさや形、症状だけでなく原因となるウイルスも異なる場合があるので、種類を確認して治療する必要があります。原因ウイルスは、総称では「ヒトパピローマウイルス」と呼ばれていますが、実は100種類以上もあります。このウイルスが、傷口から皮膚に入り込み感染していぼが出てきます。いぼは、ほとんどが自然治癒する良性のものです。しかし、他人への感染の可能性があり、まれですが悪性のものも中にはあるので、見つけたら早めに治療をするのが良いです。いぼには「親いぼ」と「子いぼ」が存在すると言われています。治療して治ったのに再発してしまうのは親いぼが残っているからです。親いぼは、一番最初にできもので、これを根から根絶するのが効果的な治療法です。また、刺激することでウイルスを、周辺に広がって数が増えてしまうこともあります。ただし、見つけたから早期治療といって、自分で治療しようとするのは逆効果の場合があります。かえってウイルスを撒き散らし広がる可能性もあるので、まず、すぐに皮膚科に相談し治療に取り組むのが再発や二次感染予防に効果的です。いぼの感染経路は、詳しくは明らかにされていません。原因ウイルスが非常に種類が多いために、どこから感染したのか追跡する事が困難だからです。

レーザーが人気

治療は、病院での施術の他にも市販薬の利用や民間療法などがありますが、病院以外では、いぼの形状や方法によっては効果が表れないことも多く、皮膚科や美容外科での除去が大切です。除去方法としては、レーザー、液体窒素、内服薬の三つの方法があります。この中で、人気が高いのはレーザーで除去する方法です。レーザー除去は、多くの皮膚科や美容クリニックなどできます。レーザー治療は液体窒素法に比べて痛みが少なく、仕上がりも美しいことから人気が高まっています。保険適応外の場合が多いので料金の負担はやや多くはなりますが、痛みと仕上がりは重要なことであり、費用を考えてもレーザーを選ぶ人が多いということです。レーザー治療では、水に反応する炭酸ガスレーザーが用いられます。水分が多く含まれる皮膚にレーザーを照射すると、照射部分の皮膚に含まれる水にレーザーが反応して熱が発生することで皮膚が削り取られ、除去される仕組みです。皮膚を削るレーザー治療では、いぼを除去した後は皮膚がへこんだ状態になりますが、皮膚を盛り上げ修復する塗り薬を利用することで、数カ月後には周りの皮膚と見分けがつかない状態になります。治療期間も、液体窒素を使った従来の方法では、何度も繰り返し治療を受ける必要があるのに対してレーザー治療の場合は1〜2回の通院で治療が完了するので短期間に行ないたい人にとっては、代わりの方法はありません。

Copyright© 2016 種類別で異なるいぼの除去法【適切な治療を受けましょう】 All Rights Reserved.